ドイツ事情

ドイツ語圏だけじゃないドイツ語の地名 今話題のウクライナやロシアにもある!

ウクライナ、リヴィウ

キエフ? キーフ? リヴォフ? リヴィウ?

紛争のため、ニュースなどで毎日のようにウクライナの地図を見ることとなり、それまでウクライナといえばキエフぐらいしか知らなかったのに、今はいろいろな場所を知っています。

ところでウクライナの地名が微妙に変わってきましたね。

日本のカタカナは基本的に現地読みを再現するようにしていますが、キエフやリヴォフはロシア語読みだそうで、キーフリヴィウとする報道が増えました。

(4月1日追記)「軍事侵攻している側のロシア語に基づき適切ではないという指摘があることも踏まえ」て外務省も正式にキーウにすることにしたみたいですね。

「オデッサ」は「オデーサ」に、「チェルノブイリ」は「チョルノービリ」に、「ドニエプル」は「ドニプロ」に変わるのだとか。

のりあちゃん
のりあちゃん
覚え直さなきゃ

東ヨーロッパのドイツ語地名

そんな気遣いをするのは日本ぐらいかと思ったら、ドイツでも似たような事例があります。

ロシアがウクライナに侵攻した当初のニュースではレンベルクと言っていたのに、今ではリヴィウと言っています。

のりあちゃん
のりあちゃん
レンベルク? 全然ちがう!

むかしオーストリア=ハンガリー帝国の一部だったこともあってドイツ語名があるのです。

ウクライナ、リヴィウ

ほかにも、かつてドイツやオーストリア、あるいは、その昔、神聖ローマ帝国の領土だったところにはドイツ語名があります。

のりあちゃん
のりあちゃん
大陸の国はしょっちゅう国境が変わって大変だね

ウクライナの歴史を勉強したい方には『物語ウクライナの歴史』(中公新書)がおすすめ。

ポーランドのドイツ語地名

リーグニッツ(独)= レグニツァ(ポ)

ダンツィヒ(独)= グダンスク(ポ)

アウシュヴィツ(独)= オシフィエンチム(ポ)

クラカウ(独)= クラクフ(ポ)

リーグニッツは都市近郊で「ワールシュタットの戦い」が行われたことで有名です。(関連記事はこちら

ヴァルハラ神殿
【謎の翻訳】ワールシュタットの意味は「死体の山」って本当? 「ワールシュタットの戦い」のワールシュタットは現在ポーランドですが、ドイツ語です。「死体の山」という意味だと、ネット上のあちこちで見かけるのですが、ちょっとドイツ語をかじった人は「?」と思うのではないでしょうか。今回は「ワールシュタット=死体の山の謎」に迫ります。 ブログまぐのりあへようこそ! ...

ダンツィヒはバルト海に面する港湾都市。

アウシュヴィツはユダヤ人絶滅収容所で有名です。

holocaust
のりあちゃん
のりあちゃん
アウシュヴィツはドイツ語名のほうが知られているね

クラクフはワルシャワ遷都以前のポーランド王国の首都です。

チェコのドイツ語地名

カールスバート(独)= カルロヴィヴァリ(チェ)

ピルゼン(独)= プルゼニュ(チェ)

カールスバートは温泉地・保養地として知られています。

ピルゼンはピルゼンビール(ピルスナー)で有名です。私はビールを好まないのでよくわかりませんが、日本をはじめ世界のビールのほとんどはこのピルスナータイプなのだとか。

のりあちゃん
のりあちゃん
ビールにタイプがあるの?

フランス・イタリアのドイツ語地名

フランスやイタリアにもドイツ語の地名があります。

フランスはドイツとの国境地帯にドイツ語地名

シュトラスブルク(独)= ストラスブール(仏)

エルザス(独)= アルザス(仏)

ロートリンゲン(独)= ロレーヌ(仏)

エルザス・ロートリンゲン(アルザス・ロレーヌ)地方は古くからドイツになったり、フランスになったりしてきた地域。シュトラスブルクもエルザスの都市です。

余談ですが、神聖ローマ帝国の皇帝位を代々世襲していたハプスブルク家は、マリア・テレジア(マリー・アントワネットの母)がロートリンゲン公フランツと結婚したため、それ以後は「ハプスブルク=ロートリンゲン」と二重姓になっています。

イタリアは北部にドイツ語地名

ボーツェン(独)= ボルツァーノ(伊)

トリエント(独)= トレント(伊)

フロレンツ(独)= フィレンツェ(伊)

ヴェネーディヒ(独)= ヴェネツィア(伊)

マイラント(独)= ミラノ(伊)

トゥリーン(独)= トリノ(伊)

北イタリアの主な都市にドイツ語名があります。

のりあちゃん
のりあちゃん
だいぶイメージが違うね

スイスの地名事情

スイスでびっくりしたのはゲンフですね。

ゲンフ(独)= ジュネーブ(仏)

のりあちゃん
のりあちゃん
これも「ジュネーブ」とぜんぜん違う

スイスは多言語国家として知られていますが、スイスの地図にはドイツ語圏の地名はドイツ語で、フランス語圏の地名はフランス語で、イタリア語圏の地名はイタリア語で書いてあるので、非常に読みにくい。せめて併記してくれたら助かるのですが・・・。

のりあちゃん
のりあちゃん
そんなことしたら地図が字だらけになっちゃうじゃない

余談ですが国には略記号があって、ドイツはD、フランスはF、イタリアはIです。ヨーロッパでは国際郵便物の宛先(たいてい郵便番号の前)や車のナンバープレートに書かれています。たいてい納得がいくアルファベットがついているものですが、スイスは、なぜかCH。

スイスの国名はSchweiz(独), Suisse(仏), Svizzera(伊)だからSかと思えば違う。ちなみにSはスウェーデンです。

のりあちゃん
のりあちゃん
どうしてCH?

スイス連邦のラテン語Confoederatio Helveticaの頭文字です。

のりあちゃん
のりあちゃん
困ったときには、どれでもない言葉を使う!

ヨーロッパ以外のドイツ語地名

ヨーロッパでない地名で、ドイツ語で言われると一瞬とまどうこともあります。

新しい海の国

ニュージーランド

ノイゼーラント(独)= ニュージーランド

意味は「新しいゼーラント」。

ゼーラントは「海の国(土地)」という意味のオランダの州。

「新しいゼーラント」と名づけたのは当然オランダ人です。

もともと「ニューアムステルダム」だった「ニューヨーク」は名前を変えられてしまいましたが、ニュージーランドの場合はイギリスが領有しても微妙にオランダ語が残りました。

つづりがZeelandからZealandに変わっていますがSealandになりませんでした。

のりあちゃん
のりあちゃん
ニューシーランドじゃ、どっかのテーマパークみたいだよね

復活祭の島

イースター島

オースターインゼル(独)= イースター島

太平洋上の島で、独特の巨大なモアイ像が有名です。

南米大陸からだいぶ西に離れていますが、いちおうチリ領。

英語のイースター、ドイツ語のオースターは「復活祭」。

これまたオランダ人によって復活祭の時期に「発見」されてしまったようです。

のりあちゃん
のりあちゃん
ニュージーランドにしてもイースター島にしても、地名の意味なんか深く考えなかったな

ロシアのドイツ語地名

ロシア語圏で有名なドイツ語の地名はケーニヒスベルクペテルスブルクです。

王の山ケーニヒスベルク

ケーニヒスベルク(独)= カリーニングラード(露)

ケーニヒスベルクは「王の山」という意味。

ドイツの有名な哲学者カントが生まれ、育ち、活躍して死んだ都市です。ヨーロッパの有名人は各地を移動することが多いですが、カントは生涯のほとんどをこの地で過ごしました。

ケーニヒスベルクは、もともとはプロイセン(のちにドイツ)ですが、第二次世界大戦後にソ連領となりました。

名前もソ連の共産党幹部カリーニンの名前をとって「カリーニンの町」に変更されました。

のりあちゃん
のりあちゃん
あまり聞いたことがない名前だね

たいした活躍をしていないからスターリン時代にも粛清の対象となることなく生き延びられたのでしょう。

聖なるピョートルの町サンクトペテルブルク

サンクトペテルブルク

ザンクトペテルスブルク(独)=  サンクトペテルブルク(露)

サンクトペテルブルクはドイツだったことはありません。

18世紀初頭にピョートル1世が要塞都市として建設し、その後、ロシア帝国の首都となりました。

フランスやドイツなど西側が先進地域だったことから、ロシア人自身によってドイツ風の都市名がつけられました。

のりあちゃん
のりあちゃん
明治日本の鹿鳴館みたいなノリ?

ベテルブルクは字足らず

ところがドイツ人は必ず間に「ス」を入れて「ペテルブルク」と言います(音としては「ペータースブルク」に近い)。

ドイツ的には「ペテルブルク」では字足らずな感じなんですよね。

というわけで「ペテルブルク」はドイツ風の地名でありながら、ロシア風なのでした。

のりあちゃん
のりあちゃん
無理にドイツ語にしなくてもいいのに

ペテルブルク→ペトログラード→レニングラード→やっぱりペテルブルク

第一次世界大戦のときにはドイツとロシアが敵対したので、サンクトペテルブルクがロシア語名「ペトログラード」に改称されます。

意味はどちらも町を建設した皇帝の名前をとって「ピョートルの町」で同じなんですけどね。

しかし、まもなくロシア革命が起こって、帝政が妥当されると「レニングラード」になりました。革命家レーニンの町になったわけです。

そして冷戦後、昔の名前サンクトペテルブルクに戻って今に至っているのでした。

日本語のカタカナも二通り

ところで日本文献にも「ペテルブルク」と「サンクトペテルブルク」両方の表記が見られます。

日本語で「ペテルブルク」と書かれていたら、だいたい古い文献です。アカデミズムにおけるドイツ語の地位が高かったころにドイツ語を学んだ年配者の著書であることが多い。

最近のものはほとんど「サンクトペテルブルク」と書かれています。

ポルタニグラ内部より
ドイツとは? いつからドイツ? どこまでドイツ?(1)古代編ドイツというと、ウィーンやベルリンを中心に語られることが多いですが、古くから文明化していたのは北西部のライン地方、意外とローマだったドイツを紹介します。 ブログまぐのりあへようこそ!...

本ブログ管理人はオンラインでドイツ語レッスンを提供しています。

(プロフィールはこちら

無料体験レッスン(1時間)を受けてみませんか?

お申し込みはお問い合わせよりどうぞ!

ブランデンブルク門
ドイツ語ってどんな言語? 意外と簡単なドイツ語のすすめドイツ語は難しくない! というのは半分ウソで半分ホント。言語の難しさは一概に言えません。系統の違う言語はどれも難しい。 ドイツ語もまた日本語とは全然ちがうヨーロッパの言語ですから、日本人にとって簡単な言語とは言えませんが、ヨーロッパの他の言語に比べてドイツ語がとりたてて難しいわけではありません。 ドイツ語の難しいところ、簡単なところをまとめてみましたので、ぜひご一読を!...

最後まで読んでくださってありがとうございました。