ドイツ事情

【謎の翻訳】ワールシュタットの意味は「死体の山」って本当? 

ヴァルハラ神殿

「ワールシュタットの戦い」、世界史で習いますが、覚えていますか?

ワールシュタットの戦い

Wahlstatt 1241年、現ポーランド領のリーグニッツ近郊で、バトゥ率いるモンゴル軍がドイツ・ポーランド連合軍を破った戦い。ドイツ語で「ワールシュタット」とは、のちに町(シュタット)が造られたとき、そこから多くの死体(ヴァール)が出てきたため、と言われる。(『世界史用語集』山川出版社より)

13世紀、世界最強のモンゴル軍に対し、ドイツ・ポーランド連合軍は相手になりません。壊滅させられます。

「ワールシュタット」は、もちろん敗戦後についた名前。

そして現在の都市名はリーグニッツ(ドイツ語)、レグニツァ(ポーランド語)です。

「死体の山」に異議あり

それにしてもネット上で「ワールシュタットはドイツ語で『死体の山』という意味だ」との説が流布しているのですが、どうしてそうなるのか納得がいかない。

元ネタは何なのでしょうか。

年配の人が「高校の世界史の先生がそう言った」と語っていたので、インターネット普及以前から、この説はあるようです。

ワールシュタットは「戦場で倒れた者の場所」

ワールシュタットはドイツ語でWahlstattあるいはWalstatt。

ドゥーデンの語源辞典(Das Herkunftswörterbuch)

によると、walは古いドイツ語で「戦場で倒れた者」

statt「場所」という意味です。

ドゥーデンはドイツ語辞典・ドイツ語文法の権威。いわば英語におけるオックスフォードやウエブスターのドイツ語版。

つまり、Walstattは「戦場に倒れた者の場所」なので「死体の山」と訳して訳せないこともないですが、かなりの意訳ですよね。

ドイツ・ポーランド連合軍はボロボロに負けましたから、ほんとうに死体の山が築かれていたかもしれません。

しかし、walがどういう言葉かを、もう少し考えてみましょう。

「ワール」はヴァルキューレ、ヴァルハラの「ヴァル」

walはヴァ(ー)ルと発音されます。

ワールシュタットの原音も「ヴァールシュタット」のほうが近いのですが、本ブログでは従来のカタカナ表記にしたがってワールシュタットとしています。

その「ワール」=「ヴァ(ー)ル」のつく単語で比較的日本でも知られているのが「ヴァルキューレ」「ヴァルハラ」です。

ワーグナーのオベラ『ニーベルングの指輪』

小説・アニメの『銀河英雄伝説』にも出てきますね。

のりあちゃん
のりあちゃん
銀英伝用語だと思っている人もいるんじゃないかな……

北欧神話において、ヴァルキューレは戦場の女神ヴァルハラは戦死者を迎える天堂です。

ヴァルキューレは戦死者を選ぶ者

戦場の女神ヴァルキューレ(Walküre)は語源的には、戦場に倒れた者(wal)を選ぶ者(Küre)です。

のりあちゃん
のりあちゃん
「選ぶ」ということは誰でもいいわけじゃないんだね

たぶん勇者でなければいけない。

ヴァルハラは聖堂

ヴァルキューレは戦死者を選び、ヴァルハラに連れていきます。

ヴァルハラ(Walhall)は広々としたホール(hall)、つまり聖堂です。

のりあちゃん
のりあちゃん
ゲルマン人の靖国神社だね

ドナウ川沿いにヴァルハラ神殿

ところで、アイキャッチ画像はレーゲンスブルク近郊にあるヴァルハラ神殿です。

ヴァルハラ神殿

ナポレオン戦争の後、ドイツ民族主義が高揚した19世紀前半にバイエルンのルートヴィヒ1世(1786~1868)によって建設されました。

ドイツ史上の有名人が祭られています。

この場合「ドイツ史」はかなり幅広く、ドイツなど影も形もなかった時代のゲルマン人の英雄や、ロシアの女帝エカテリーナ2世(1729~1796)もいます。

のりあちゃん
のりあちゃん
エカテリーナはロシア人じゃないの?

もともとドイツ語圏の出身です。

ちなみにノイシュバンシュタイン城を築き、最後には謎の死を遂げる悲劇の王として有名なルードヴィヒ2世(1845~1886)はルードヴィヒ1世の孫です。

「死体の山」は9条精神による誤訳?

話を「死体の山」に戻します。

walは雄々しく戦った英雄というイメージの言葉です。

「死体の山」では悲惨さしか伝わってきません。ちょっとニユアンスが違うのではないでしょうか。

第一次・第二次世界大戦を経て、戦争がとてつもなく大規模になり、「戦争をしたら国が終わる」のような現代では「戦争=悲惨、悪」ですが、13世紀にそのような思想はありません。

「敵をたくさん殺したぞ~」
「すばらしい。勇者だ~」

のような世界です。

ワールシュタットも本来は「負けはしたが、我々は勇敢に戦ったのだ」というネーミングではないかと推察します。

それが「死体の山」となったのは、おそらく現代日本人の憲法第9条精神によるバイアスがかかったもの。

意訳にしても誤訳に限りなく近いのではないか、と思う次第です。

用語集の説明もまぎらわしい

町はシュタットだけど……

冒頭の世界史用語集による「ワールシュタットの戦い」の説明にも、ちょっと気になる点があります。

ワールシュタットの名について「のちに町(シュタット)が造られたとき、そこから多くの死体(ヴァール)が出てきたため」とあります。

問題は歴史的事実の真偽ではなく、ドイツ語のシュタットです。

用語集はWahlstattと原語のつづりを載せた上で、このように説明をしているので、ドイツ語学習者にとっては誤解を招きかねません。

シュタットのつづりは2つある

現代ドイツ語では「シュタット」のつづりには2つあります。

  1. 「町」の意味ではStadt。
  2. 「場所」の意味ではStatt。

もともと語源的に同じものですが、現代ドイツ語の学習者は、くれぐれも「町」の意味で②のつづりを覚えないようにしましょう。

のりあちゃん
のりあちゃん
高校生でドイツ語を勉強する人はいないよ

ときどきいます。(関連記事はこちら

音読したい英語名言300選
『音読したい英語名言300選』で恩師・田中安行先生を偲ぶ ドイツ語入試の思い出恩師・田中安行先生を偲びながら、高校の第二外国語およびドイツ語入試の思い出について語ります。英語とドイツ語の両方を教えていらした田中先生、私にとってはドイツ語の先生でした。...

それに高校の教材をその後も持ち続けて参考にする人、数十年後に新板を買い足す人もいるでしょう。

のりあちゃん
のりあちゃん
学校の副教材はコスパがいいからね

用語集といい地図帳といい、けっこう重宝します。

東アジア
日本の地図は中国から始まる 地図帳の変遷高校生用の地図帳の変遷を見ながら、なぜ日本の地図が外国から始まるのか、なぜ日本語で検索できないのかなど学校教材へ問題提起。  ...
ブランデンブルク門
ドイツ語ってどんな言語? 意外と簡単なドイツ語のすすめドイツ語は難しくない! というのは半分ウソで半分ホント。言語の難しさは一概に言えません。系統の違う言語はどれも難しい。 ドイツ語もまた日本語とは全然ちがうヨーロッパの言語ですから、日本人にとって簡単な言語とは言えませんが、ヨーロッパの他の言語に比べてドイツ語がとりたてて難しいわけではありません。 ドイツ語の難しいところ、簡単なところをまとめてみましたので、ぜひご一読を!...

最後まで読んでくださってありがとうございました。