香水レビュー

香りの定期便カラリアのサブスクをはじめてみた【香水レビュー番外編】

いろいろな香りを試してみたいと思いませんか?

こんにちは。香りのブログまぐのりあです。今回は香りのサブスク、COLORIA 香りの定期便の体験談です。


割高なのは否めない

プラダ インフュージョン ディリスについての記事で、日本には香水専門店がない、したがって香水が手に入りにくい、なにより高いという話をしました。

アイリス
エントリー香水におすすめ プラダ インフュージョン ディリス一言で表現すると、お花屋さんでみかんをむき、ベビーパウダーをパタパタしたような香り。...

そのかわり、香水のサブスクがあると聞き、早速サイトを見てみました。

カラリア。名前がかわいい。

毎月1本(4ml)なら1980円~。

のりあちゃん
のりあちゃん
う~ん、4mlで約2000円は高いなあ

でも、

2本3260円(1630円/本)

3本4540円(1513円/本)

当然ながら、多いほど割安になります。

coloria

とりあえず毎月2本のコースを選びました。3260円……かと思ったら、フレグランスによっては追加料金がかかるのでした。

私が初月に選んだものは2本とも「500円増しのプレミアム商品」だったので、

プラス500✕2=1000円 → 合計4260円となりました。

1000円増しの商品や、ルームフレグランスなど別途送料のかかるものもあります。500円増しの香りは珍しくないので、上記の価格プラス500円は、あらかじめ見積もっておいたほうがいいでしょう。

届いた! カラリア商品実物はいかに?

初回は専用アトマイザー(無料)がついてきます。黒と白を選べるのですが、私は黒を選びました。

カラリアセット

アトマイザー用の袋と各フレグランスの簡単な説明書も添付されていました。

容器にはブランド名およびフレグランス名、グレード(EDTなど)、内容量(4ml)、原産国、お客様窓口(メールアドレス)が表示してあります。

さすがに、きちんとしている、との印象。

というのは、かつてドイツで小分けを注文した時、一本当たり2ml程度で5ユーロ(600~650円ぐらい)と安かったのですが、読みにくい手書きの文字でフレグランス名が書かれたラベルが貼ってあるだけ。手書きなので、書くスペースはあまりというのもわかりますが、せめてブランド名ぐらいは入れてほしかったと思うのですが。

それで、情報量豊富な容器はとてもうれしい。

のりあちゃん
のりあちゃん
やっぱり高くても丁寧さが違うなあ

「一月で使い切って、毎月いろいろなフレグランスを楽しみましょう」が本来のコンセプトかと思いますが、私は、その月で使い切るつもりはなく、取っておいて、長期にわたって楽しみます。そのため、何本もたまってくると、ラベルが読みにくいようでは、どれが何だかわかりにくくて困るのです。

アトマイザーありきの設計

送られてきたフレグランスの容器を専用アトマイザーに差し込むとすっきり収まり、使うときはねじるだけで出てきます。キャップなどはないので、部品を落としたりなくしたりすることもありません。

持ち運ぶにはアトマイザーに入れておけば保護されるし、使い勝手もいい……のですが、アトマイザーに入れないで容器そのままで使用するのは、なかなかに難しい。

私は、持ち運びは比較的どうでもよく、一日のうちにもいろいろな香りを楽しみたいのですが、そのたびに入れ替えるのはとても面倒。しかし、そのままプッシュしにくい容器です。

お店でもらうサンプルのように、軽くプッシュできたらいいのになあと、これだけは残念に思います。

のりあちゃん
のりあちゃん
あなたの使い方が変なのよ。

その通りです。はい。

専用アトマイザーに入れて使う設計になっているので、仕方がありません。

4ml、お試しには充分

分量的に4mlが少ないか多いかは、その人の使い方によりますが、意外と大きいという感想を持ちました。

お試し用としては、充分な量です。

お店などで一回シュッと一吹き試香したぐらいでは、良し悪しや、まして似合うかどうかはわかりません。

朝は? 晩は? 春は? 夏は?

さまざまな季節や時間、シチュエーションで試してみて初めて、自分にとって良い香りかどうか、はじめてわかるのです。

よく、1~2mlの量り売りで市販されているものがありますが、これはお試し用にも足りませんし、カラリアよりさらに割高になることが多いです。

4mlあれば、さまざまなシチュエーションで試香できます。

そして、気に入ったフレグランスを見つけたら、ボトルで購入すればいい。

飽きっぽくて、いつもボトルを使い切らないという人には、断然、サブスクがおすすめです。割高でも、ボトルをいくつも購入して余らすよりは安い。

選択の苦しみには相談可

ところで、毎月のフレグランスを自分で選ぶことを負担に感じる人もいるようです。

たしかに知らなかったら選べない。そして、知らないからこそ試したいはず!

そこは考えられていて、選択に困った場合はラインで香りの傾向を伝え、相談すると、いくつかフレグランスを推薦してくれます。

レスポンスはあまり早くないですが、遅くとも翌日には返事が来ます。

なお、選択しなかったら、前月と同じものが届きます。

また、不要の月は「スキップ」することができます。本や映像などのサブスクは使用しなくても一定の料金がかかりますが、カラリアでは、スキップした場合は料金もかかりません。ここは朗報です。

同業他社比較

フレグランスのサブスクにあたっては同業他社のセントピックも検討しました。

値段ほかの重要条件はあまり変わらないと思われます。

しかし、私が好きな香りをいくつか検索してみると、カラリアにあってセントピックにないものは多々ありましたが、セントピックにあってカラリアにないものはありませんでした。

カラリアもセントピックも、500以上のフレグランスから選べると謳っているので、品数は大きく変わらないはず。取り扱っている商品が異なるのでしょう。

試したい香りがある程度決まっている人は、お目当ての香りがあるかどうか、確認してからサブスクを始めたほうがいいと思います。

私の好みからするとCOLORIA 香りの定期便に軍配があがりました。毎月の定期便が楽しみです。


最後まで記事をお読みくださり、ありがとうございました。少しでも香り選びの参考になれば幸いです。