香水レビュー

エントリー香水におすすめ プラダ インフュージョン ディリス

こんにちは。香りのブログまぐのりあです。今回は優しく包み込んでくれるような温かい香りプラダ インフュージョンディリスを紹介します。

Infusion d’Iris エントリー香水にいかが?

それはまだ私が香水に縁のない生活を送っていた頃、町の小さな香水店に入り、友人への贈り物用に洗顔用フォームを買うと、香水のサンプルがついてきました。

それがPrada のInfusion d’Iris。

それまで香水などつけたこともなく、香水なんて堅気の人間がつけるものじゃないぐらいに思っていました。その偏見を吹っ飛ばしてくれたのが、このInfusion d’Iris。

香水をつけない人にとって香水の匂いとは香水売り場の匂い。デパートの一角や空港の免税店で匂うツンとくるアレ。いろいろな匂いが混じりあって、全然いい匂じゃない。

しかし、このInfusion d’Irisには包み込んでくれるような優しさがあり、それまで私が香水に持っていた怪しくて下品なイメージを覆すものでした。

柑橘系の甘酸っぱさを華麗な花々が包み込む「シトラスフローラルな香り」……ではセールストークみたいだから、平たく言いましょう。お花屋さんでみかんをむき、ベビーパウダーをパタパタしたら、こんな感じかも。

成分は、

トップ イタリアンマンダリン、チュニジアン
ミドル ネロリ、レンティスク、ガルバナム、オリス、ウッディ
ベース アンバー、シダーウッド、ベンゾイン(安息香)、インセンス

ほんわかとした温かみのある香りです。

カタカナ名称は微妙:インフュージョン ディリス

難を言えばそのカタカナ名称。ここまでアルファベットでInfusion d’Irisと書いてきましたが、カタカナ表示は「インフュージョン ディリス」。

香水名はフランス語が多く、これも一応フランス語のはずですが、「インフュージョン」は明らかに英語読み。たしかに「アンフュジオンディリス」では、よくわかりませんが、わからない名前は他にもたくさんありますよね。

例えばアニックグタールの「オーダドリアン」=「ハドリアヌスの水」。知らなかったら、まず、わからない。

かといって、日本語に訳すのは難しそう。

「あやめの煎じ出し」では売れないでしょうね。

「アイリスの抽出」でも、わけわからん。哲学? 化学?

エルメス「ナイルの庭」のように訳しても詩的に響くものはいいけれど、プラダのコレの場合は悩ましいことこの上ない。

「インフュージョン ドゥ プラダ イリス」というカタカナも見かけます。言語の混ぜこぜは変わらず。「ディリス」の語感が悪いとの判断でしょうか。確かに「ディスり」に似ています。

ともあれ、香りは素晴らしい。パウダリーなので、冬の寒い時期には心から温まる感じ。匂い袋のような香りなので、和服にも合いそう。

四角い瓶は人によっては殺風景と感じるようですが、シンプル・イズ・ベスト。使いやすく、手にもなじむ感じ(50ml)。ゴテゴテして使いにくい容器のモノよりよっぽど気に入っています。

日本には香水専門店がない!?

ところで、冒頭の香水デビューはドイツに住んでいた頃の話。

ドイツでは町にはいくつも総合香水店がありました。Douglas(ドゥグラス)という主に香水を販売する有名なチェーン店もあり、ドイツ中に支店があります。

日本では香水店はデパートや駅ビルの一角にあるものというイメージ。そのうちデパートは超有名ブランドを網羅的に置いていますが、駅ビルなどでは特定のブランドのみを扱う店(直営店?)が多く、総合香水専門店はネットショップ以外、あまり見かけません。私も、外国に出ることなく、日本にずっと住んでいたら香水に目覚めることはなかったかもしれません。

このように日本では香水に親しみにくい事情がありますが、気候風土の違いから来るものなのかもしれません。一年の半分はうっとうしい季節で、夏場、日本で使用できる香水は限られます(オーデコロン4711オーダドリアンナイルの庭などは夏場でもおすすめ)。

Infusion d’Irisも、どちらかというと冬の香りです。ふかふかの毛布にくるまれて、まどろむ一時。そんなイメージ。

4711看板
歴史ある名香 オーデコロン4711さっぱりした柑橘系ユニセックスの香り。...
柑橘系の王様オーダドリアン (付ペンハリガン リリーオブザバレー)アニックグタールのオーダドリアンはシトラス系のユニセックス香水。自然でさっぱりした香りが好きな人に! オーダドリアンが好きな人にはペンハリガンのリリーオブザバレーもおすすめ。...
エルメスは個性派ぞろい:ナイルの庭、ルージュ、ヴァンキャトルフォブール、オーデメルベイユ個性的なエルメスの香り4選:ナイルの庭、ルージュ、ヴァンキャトルフォブール、オーデメルベイユで個性を主張しよう!...

似た香り:シャネル ココマドモアゼル、19番プードレ

インフュージョンディリスが発売された頃、口コミで、よくシャネルのココマド(ココマドモアゼルCoco Mademoiselle)に似ていると言われていました。たしかにパウダリー感が似ています。ただ、ココマドはオレンジやベルガモットのシトラス色が強めです。

それよりも、シャネル19番プードレ(Chanel No. 19 Pudre)のほうがインフュージョンディリスにそっくりです。この19番プードレ、トップはオリジナルの19番と似ているのですが、時を経るにしたがってアイリスが強く出て、インフュージョンディリスと区別がつかないほど似てきます。

 

発売年はココマドが2001年、インフュージョンディリスが2007年、19番プードレが2011年です。

本記事おすすめフレグランス

なお、

「香りをまといたいけれど、すぐに飽きてしまう」

「ボトルを使い切らない」

「香水は、まず試してみないと……」

という方には、COLORIA 香りの定期便をお勧めいたします。

お好みのフレグランスを選んで少量だけ送ってもらうことができます。

公式サイトへ

カラリアセット
香りの定期便カラリアのサブスクをはじめてみた【香水レビュー番外編】香水のサブスク、カラリアの体験談。いろいろな香水を試したいならカラリア。品揃えが競合他社の追随を許しません。...

最後まで記事をお読みくださり、ありがとうございました。