つれづれエッセイ

【体験談】会計ソフト「やよいの青色申告オンライン」で確定申告してみた。「おこづかい帳レベル」にかんたん、は本当か!?

確定申告の時期がやってきました。

今回から青色申告に挑戦!

前回まで白色申告にしていたのは青色申告がなんだか難しそうだと思っていたから。

しかし「ソフトを使えば簡単」というので、会計ソフトを使ってみることに。


思ったよりは簡単な確定申告

会社をやめて気がつく税の重さ

サラリーマンしていると、税や健康保険が給料から天引きされていて、諸費用にいくら払っているのか、あまり自覚がありません.

ところが会社をやめると、びっくり。

のりあちゃん
のりあちゃん
けっこう引かれてた?

住民税などは前年の所得に応じて課税されますので、退職後に収入が少ないとキツイ。

案ずるより申告するが易し

さらに自営業・フリーランスになると確定申告が面倒。

最初は白色申告しましたが、わけわからん。

ただ確定申告の時期には、税務署がアドバイザーを用意してくれています。

右も左もわからず、「どう書いたらいいんでしょうか?」という初心者の私にもわりと親切に教えてくれました。

のりあちゃん
のりあちゃん
税務署も意外と親切だね

会社を経営するなど複雑なことをしている人はお金を払って税理士さんにお願いしたほうがいいのかもしれませんが、私の場合は仕入れも店舗もないライター・講師業なので、それで十分でした。

一度クリアすると、(業務形態が変わらなければ)その次からは基本的に同じなので、前回の控を参考にしながら該当欄を埋めることができます。

青色申告を勧められる

白色申告はこのように、曲がりなりにも手書きで独力でこなしていた私でした。

そして税務署で白色の確定申告をしていると「青色申告にすれば控除額が65万円になってお得ですよ~」と勧められます。

お得なのは魅力ですが、青色申告にすると帳簿をつけなければならないなど、いろいろと面倒そうなので躊躇していました。(現在では白色申告でも帳簿をつけなければならないことになっていますが、青色より簡単なものでいい)

「そんなことできない!」

のりあちゃん
のりあちゃん
税理士を頼むほど稼いでないしね

……。

青色申告に挑戦!

『会計ソフトでらくらく青色申告』との出会い

しかし、ついに観念しました。

というか『会計ソフトでらくらく青色申告』という本を読んでやってみようかな……と。

本によると会計ソフトを使えば「おこづかい帳レベル」の簡単さだというのです。

簡単」で「お得」ならと「青色申告」に挑戦!

本で推薦されていたやよいの青色申告オンライン(クラウドソフト)をはじめてみることにしました。

「おこづかい帳レベル」は本当!

確定申告の時期になってからでは慌ただしいので、半年ほど前(秋頃)にやよいの青色申告オンラインに申し込み、入力しはじめました。

のりあちゃん
のりあちゃん
ぎりぎりになって、いざ入力しようと思ったら実は複雑で使えない……じゃ困るもんね

「かんたん取引入力」は実際にかんたん!

収入と支出を入力するだけです。

これならド素人の私でもできる!

セルフプランなら初年度無料

やよいの青色申告オンライン」は、最初の1年間は「セルフプラン」(すべて独力で行う)なら無料で使えます(次の年から8000円/年)。

弥生の青色申告 料金プラン
のりあちゃん
のりあちゃん
確定申告って、ふつう「独力」でするものなんじゃない?

「セルフプラン」ではわからないことがあっても、電話やメールで操作説明ほかについて問い合わせることができないのです。

サイトの説明などから自分で解決しなければなりません。

もっとも、よくある疑問は「Q&A」コーナーに説明があり、それで多くの疑問は解決します。

「やよいの青色申告オンライン」で、いざ確定申告

実際の確定申告が本当にできるのか?

それは今回やってみるまで不安でした。

取引入力は独力でできましたが、確定申告の段階ではクリアできないところが出てきました。

のりあちゃん
のりあちゃん
それで、どうしたの?

プラン変更!

サポートつきのプランに切り替えれば相談できます。

こちらは無料というわけにはいかず、初年から料金が発生します。

というわけで操作質問ができるベーシックプランに変更しました。

プラン変更そのものは、所定の操作を行えばすぐに切り替わり、さっそく電話で問い合わせました。

さすがに時期が時期なので、待ち時間がありましたが、担当者の応対は大変に親切でした。

ハプニングの対応も見事!

機転のきいた対応

電話機が充電切れを起こし、待ち時間を経てやっとつながったと思ったら切れてしまったのです。

のりあちゃん
のりあちゃん
また、かけなおし~~~!?

と思ったら、やよいの方から電話がかかってきました。

のりあちゃん
のりあちゃん
ありがたや~

電話が切れたのはこちらのミスですから、こちらから書け直すのが筋ですが、親切にも向こうから電話してくれて、もう一度待たずに済んで非常に助かりました。

わからなかった操作方法もムダのない適格な指示で解決しました。

白色申告の「セルフプラン」は永遠に無料

私は青色申告のために弥生のクラウドソフトに申し込みましたが、やよいにはやよいの白色申告オンラインもあり、「セルフプラン」なら初年ばかりでなく、ずっと無料です。

のりあちゃん
のりあちゃん
白色申告のときから、弥生を使っておけばよかったね

知らなかったんです~。

三種類のプランがある

白色申告にも青色申告にも「セルフプラン」「ベーシックプラン」「トータルプラン」の三種類のプランがあります。

  • セルフプラン:独力で入力・作成・確定申告提出。
  • ベーシックプラン:操作質問ができる。
  • トータルプラン:操作質問・業務相談ができる。

「ベーシックプラン」と「トータルプラン」では電話・メール・チャットサポートが利用できます

「セルフプラン」では新しいソフトの申込みやプラン変更などの問い合わせはできますが、操作や業務については答えてもらえません。

まったくはじめてならサポートつきがいい

実際に使ってみた感覚では、白色も青色も申告したことがない人がいきなり「セルフプラン」というのは、正直なところ難しいと思います。

白色申告をしたことがあれば、勘のいい人は青色申告でも「セルフプラン」で対応できるでしょう。

のりあちゃん
のりあちゃん
あなたは勘が悪かったのね

私のように勘が悪くても、わからないことが出てきた段階でプラン変更することも可能です。

「ベーシックプラン」と「トータルプラン」の差が微妙

ベーシックプランでサポートを受けていても、「操作」のレベルを超えると答えてもらえません。

「操作質問」と「業務相談」の境目がまた微妙。

「それは業務相談ですのでベーシックプランではサポートできません」と言われてからトータルプランに変更してもいいでしょう。



やよいの青色申告オンライン」を使えば、おこづかい帳感覚で収支を記録し、青色申告ができる! は本当です。

のりあちゃん
のりあちゃん
よかったね!

便利になったものです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。