香水レビュー

ライトな花の香り4選:ロマンス、イングリッシュ ペア&フリージア、レプリカ レイジーサンデーモーニング、シャッセオパピオン

フリージア

春らしい香りをお探しですか?

こんにちは。香りのブログまぐのりあです。今回はライトな花の香りを紹介します。

ラルフローレン ロマンス(Ralph Lauren, Romance)

 

名前からして何かを期待させる「ロマンス」!

軽く控えめなので邪魔になりません。

さわやかに、かつ、したたかに香ってくれます。軽い香りのわりには持続性もあるのです。

意外とやる気の出る香り。なにかしら気だるく元気がないときに、シュッと一吹きすると、気持ちが引き締まります。

トップ バラ、カモミール、ジンジャー、レモン、フリージア
ミドル ユリ、ロータス、スミレ、カーネーション
ベース ホワイトムスク、オークモス、パチョリ、ウッド

ベースにオークモスやパチョリ、ウッド系香料が使われていますが、前面に出ていないので、言われないとわかりません。

しかし、軽やかなのに凛とした感じがするのは、隠し味のようになっているこれらの渋み香料が効いているのかもしれません。

ジョーマローン イングリッシュ ペア&フリージア コロン(Jo Malone, English Pear & Freesia)

ジョーマローン1番人気の軽やかで華やかな香り「イングリッシュペアー&フリージア」。フルーティかつフローラル。

ロマン派詩人ジョン・キーツの『秋に』にインスピレーションを受けた香りなのだとか。つまり、秋の香りらしいのですが、春にも合いそうです。

トップ ナシ、メロン
ミドル フリージア、バラ
ベース ムスク、パチョリ、ルバーブ、アンバー

トップは甘酸っぱい香り。時間がたってもフルーティでツバが溜まってくるような香りが持続します。

コロンなので、軽い香り。しっかり香らせたい人にとっては物足りないかも。

逆にジョーマローンのコロンは「重ねづけも楽しめますよ」というコンセプトなので、そこを楽しみたい人には自分だけの香りをブレンドしてみては?

メゾン・マルジェラ、レプリカ レイジーサンデーモーニング(Maison Margiela, Replica Lasy Sunday Morning EDT)

 

 

前項イングリッシュペアー&フリージアの甘さとを抑え、ムスキーにしたような香りです。レイジーサンデーモーニングのほうが温かみがあります。

この二つは、トップは違いますが、しばらくすると、どちらかわからなくなるぐらい似ています。

イングリッシュペアー&フリージアもレイジーサンデーモーニングも、どちらも軽やかなフローラルですが、華やかさを取るならイングリッシュペアー&フリージアを、控えめで落ち着いた香りが好みならレイジーサンデーモーニング!

イングリッシュペアー&フリージアのほうは酸味の強いトップから、大きく変化してフローラルに落ち着きますが、最後まで甘酸っぱさは残ります。

これに対して、レイジーサンデーモーニングは最初から最後まで落ち着いたフローラル。ラストは淡く上品な残り香に。

トップ アルデヒド、スズラン、ナシ
ミドル バラ、アイリス、オレンジブロッサム
ベース ホワイトムスク、アンブレット、パチョリ

ラルチザン シャッセオパピオン(L’Artisan Parfumeur, La Chasse aux Papillons EDT)

 

 

パピオンは「蝶」、シャッセは「追跡」。

花々の咲き乱れる季節に花から花へと飛び移る蝶々を追って走り回る子どものイメージでしょうか。

トップはフローラル。静かに控えめに香る花。

しばらくすると、地味な香りになります。でも、いい感じです。

どこかで嗅いだことがある。香水じゃない何か。何だろう? ものすごく、日常的な匂い。何日も悩んだ結果、閃きました。

紙だ!!!   それも良質の紙。

新しい本の匂いが好きな人にはオススメです。

いつも新しい香りを購入すると、まず紙につけて、時間の経過による香りの変化をみるのですが、シャッセオパピオンは、すぐに消えてしまう印象がありました。

違う。消えていたんじゃない!

実は、香りは残っていたのに、私が勝手に紙の匂いだと思っていたのでした。それがシャッセオパピオンの香りだったとは。

トップ ベルガモット、ピンクペッパー
ミドル オレンジブロッサム、チュベローズ、ジャスミン
ベース チュベローズ、イランイラン

香料を見ても、なぜ「紙」になるのか、よくわかりませんが、落ち着いた知的な香りです。

本記事おすすめフレグランスのまとめ
  • ラルフローレン ロマンス
  • ジョーマローン イングリッシュ ペア&フリージア コロン
  • メゾン・マルジェラ レプリカ レイジーサンデーモーニング
  • ラルチザン シャッセオパピオン

以上、ライトなフローラルをご紹介しました。このカテゴリーに入りそうな香りは多々ありますが、軽い香りは得てして持続力がなく、あってもラストがくすむものが多いです。最後まで良い香りのフレグランスを選びました。

他記事でも、軽やかで春らしいフローラルを紹介しています。ディオール ミスディオール ブルーミングブーケフローリス ホワイトローズなどをご参照ください。

miss dior
「ミスディオール」シリーズ3選 ディオールを代表するフレグランス時代の香りをシリーズで追ってみませんか? こんにちは。香りのブログまぐのりあです。今回はディオールを代表するフレグランス、ミスディ...

ライトでなくていいから、たっぷりとお花を堪能したい方は「とことんフローラルな香り」(リンク)をご覧ください! 華麗でゴージャスな花花花のフレグランスを紹介しています。

花束
とことんフローラルな香り ジャンパトゥ ジョイ、1000、フローリス ホワイトローズ、エスティローダー プライベートコレクション チュベローズガーデニアゴージャスな香りをお探しですか? こんにちは。香りのブログまぐのりあです。今回はフローラルの古典的名香を主にご紹介します。 ...

なお、

「香りをまといたいけれど、すぐに飽きてしまう」

「ボトルを使い切らない」

「香水は、まず試してみないと……」

という方には、COLORIA 香りの定期便をお勧めいたします。

お好みのフレグランスを選んで少量だけ送ってもらうことができます。

公式サイトへ

カラリアセット
香りの定期便カラリアのサブスクをはじめてみた【香水レビュー番外編】いろいろな香りを試してみたいと思いませんか? こんにちは。香りのブログまぐのりあです。今回は香りのサブスク、COLORIA 香りの...

最後まで読んでくださってありがとうございました。少しでも香り選びの参考になれば幸いです。