香水レビュー

ジェンダーフリーの香り:女性も使えるメンズフレグランス or ユニセックス

saint-jean-baptist

ペアで使える香りをお探しですか?

こんにちは。香りのブログまぐのりあです。今回は男女ともに使える香りをご紹介します。

女性も使えるメンズフレグランス

ディオール、オーソバージュ(Dior, Eau Sauvage)

その名も「野生の水」。苦味があり、ウッディな香りも強いので、どちらかといえば名目どおり男性向けの香りだと思いますが、女性でオーソバージュをまとう人も少なくありません。

実際に開発段階から、「女性も使える男性用香水」とのコンセプトでした。

トップ レモン、ベルガモット、バジル、ローズマリー、キャラウエイ、フルーティノート
ミドル ジャスミン、コリアンダー、パチョリ、オリスルート、サンダルウッド、ローズ
ベース オークモス、ベチバー、ムスク、アンバー

1966年発売。もはや古典ですが、古さを感じさせません。

それまでの男性用フレグランスになかったフローラルな香り。しかし、大ヒットしすぎて、その後の男性用製品(ヘアトニックなど)がこれを真似したため、今の人は逆に、オーソバージュに「トニック臭」を感じるかも。

さっぱりとしたシトラス系フレグランス。スポーツ後、シャワーを浴びた体にシュッと一吹きすれば爽快感が増すでしょう。

男女ともに年齢を問わず使える香りです。

ロードイッセイ プールオム(L’Eau d’Issey pour Homme)

三宅一生(Issey Miyake)のブランドなので、そのままストレートに「イッセイの水」とのネーミング。プールオムはフランス語で「男性用」です。

トップ ユズ、レモン、ベルガモット、マンダリンオレンジ、サイプレス、キャロン、コリアンダー、タラゴン、セージ
ミドル ロータス、ナツメグ、スズラン、サフラン、シナモン、ゼラニウム、ミニョネット
ベース ベチバー、ムスク、シダー、サンダルウッド、タバコ、アンバー

柑橘系の香料が並んでいますが、いわゆるミカン類の香りはあまり強くありません。中性的なさわやかさで始まり、お花が香り、ウッド系のベースに落ち着きます。

やわらかで控えめな香りですが、意外と持続性があります。

ロードイッセイプールオムも、どちらかというと男性向けだと思いますが、オーソバージュよりさらに女性に寄った香りです。ウッディノートが強めであること以外はメンズ要素よりレディース要素のほうが強い。

軽やかさ、爽やかさが特徴の「マリン」に分類される香りです。たしかに海や空をイメージさせます。

ユニセックスフレグランス

ユニセックス香水には4タイプあります。

のりあちゃん
のりあちゃん
誰が決めたの?

まぐのりあの主観です。

  • 性別を感じさせない香り
  • どちらかといえば女性的
  • どちらかといえば男性的
  • 女性的でもあり男性的でもある両性具有の香り

性別を感じさせない香り(Florisセフィーロほか)

「ユニセックス」や「ジェンダーフリー」を謳っていても、どちらかといえば男性、どちらかといえば女性のものがけっこうありますが、以下は謳い文句通り性別を感じさせない香り。

男性が使っても女性がまとっても違和感がなさそうなものを選びました。

フローリス、セフィ-ロ(Floris, Cefiro)

セフィーロはスペイン語で「西風、そよ風」。

名前のイメージにぴったり。風かおる。かおる風。

 

春、草原に立ち、そよ風に花々の香りとともに漂ってくる。そんな香りです。

しかし、フローラルというよりはグリーンスパイシーかも。

トップ ベルガモット、アマルフィ、レモン、オレンジ、マンダリンオレンジ、ライム
ミドル ジャスミン、ナツメグ、カルダモン
ベース サンダルウッド、シダー、ムスク

柑橘系の香料が並んでいますが、酸味はなく、ミカンな感じはあまりしません。でも、このさっぱりすっきりした香調は、まぎれもなくシトラスです。

軽めなので、控えめに香らせたいときに適しています。

まさにユニセックス。女性がまとっても男性がまとっても、OK。

オーデコロン4711

素朴な柑橘系、オーデコロン4711。(詳しくはこちら

4711看板
歴史ある名香 オーデコロン4711さっぱりした柑橘系ユニセックスの香り。...

グタール、オーダドリアン(Goutal, Eau d’Hadrien)

柑橘系の王様、オーダドリアン。(詳しくはこちら

柑橘系の王様オーダドリアン (付ペンハリガン リリーオブザバレー)アニックグタールのオーダドリアンはシトラス系のユニセックス香水。自然でさっぱりした香りが好きな人に! オーダドリアンが好きな人にはペンハリガンのリリーオブザバレーもおすすめ。...

ディプティック、タムダオ(Diptyque, Tam Dao)

木の香り、ディプティック タムダオ(詳しくはこちら

tree
木の香り:Diptyqueタムダオ、Bvlgariオムニア、オムニアクリスタリン派手さをおさえ、フォーマルに使える香りたち。 香水らしくない香水をお探しの方におすすめ!...

どちらかといえば女性的な「ユニセックス」フレグランス(エルメスの庭シリーズ)

エルメス、ナイルの庭(Hermes, Un Jardin sur le Nil)

ナイルの庭」名前はナイルでも和の香り。新しい畳の匂いは日本人にはツボ!(詳しくはこちら

ナイルの庭」のほか「地中海の庭」「モンスーンの庭」あわせてエルメスの庭シリーズと呼ばれます。どれも、どちらかといえば女性的です。

やや新しい三部作「ラグーナの庭」「屋根の上の庭」「李氏の庭」も同様。

エルメスは個性派ぞろい:ナイルの庭、ルージュ、ヴァンキャトルフォブール、オーデメルベイユ個性的なエルメスの香り4選:ナイルの庭、ルージュ、ヴァンキャトルフォブール、オーデメルベイユで個性を主張しよう!...

どちらかと言えば男性的な「ユニセックス」フレグランス(Jo Maloneグレープフルーツ、ライムバジル&マンダリン、Calvin Kleinシーケーワン)

ジョーマローングレープフルーツライム バジル&マンダリンは両者ともに、いちおうユニセックスフレグランスということになっていますが男性的。

どちらもディオールのオーソバージュ(いちおうメンズ、上述)に似ています。

ジョーマローン、グレープフルーツ(Jo Malone, Grapefruit)

トップ グレープフルーツ、タンジェリン
ミドル ローズマリー、ミント、パプリカ、ジャスミン
ベース ベチバー、オークモス、パチョリ

ジョーマローン、ライムバジル&マンダリン(Jo Malone, Lime Basil & Mandarin)

トップ ライム、マンダリンオレンジ、ベルガモット
ミドル バジル、タイム、アイリス、ライラック
ベース ベチバー、パチョリ

香料リストを見ると、オーソバージュおよび上記ジョーマローンの二点にはシトラスとフローラル、スパイス系香料にベチバー、パチョリが加わっているという共通点があります。

強いて言えば、ジョーマローンのほうがネーミングの香りが強く出ています。「グレープフルーツ」はグレープフルーツの香りが、「ライム バジル&マンダリン」はライムとバジル、マンダリンオレンジの香りがします。

これに対して、オーソバージュは何の香りとの形容はしにくく、オーソバージュの香りです。

カルバンクライン、シーケーワン(Calvin Klein, CK One)

ユニセックスフレグランスをメジャーにした歴史的な大ヒット作。

カルバンクラインのシーケーワンについては、この1グレグランスのために1記事を書いています。(詳しくはこちら

これぞまさしくトイレの水! カルバンクライン シーケーワン オードトワレユニセックス香水をメジャーにしたカルバンクライン シーケーワン オードトワレ。さっぱりしたシトラスの香りながらインパクトがあり、消臭効果抜群! ...

アクア ディ パルマ、ミルト ディ パナレア(Acqua di Parma, Mirto di Panarea)

清涼感のある夏向けフレグランス、ミルト ディ パナレア。スパイスを控え目にしたシーケーワンといった感じ。(詳しくはこちら

夏
夏の香り Acqua di Parmaミルト ディ パナレア、Marc Jacobsデイジー、Goutalニンフェオ ミオ夏にまといたい、すっきりとした、さわやかな香りを紹介!...

両性具有の香り(シャヌール、ヘリオトロープ)

女性的な香りでもあり、男性的な香りでもある。

艶っぽいけれども、どっちの性の色気なのかはフレグランスをまとう人のオーラと嗅ぐ人の感性しだい。

エトロシャヌール(Etro Shaal Nur, 1997)およびヘリオトロープ(Etro Heliotrope, 1989)はユニセックスフレグランス第四のタイプ、両性具有の香りです。

エトロ、シャヌール(Etro, Shaal-Nur)

女性がまとえば女性的に、男性がまとえば男性的になる。

逆に、女性が男性的に、男性が女性的になる。

その人の個性が問われる香りと言えるかもしれません。

シャヌールはインドのお姫様の名を取ったネーミング。

トップ ベルガモット、コリアンダー、レモン、グレープフルーツ、ローズウッド、マンダリンオレンジ
ミドル ローズマリー、タラゴン、タイム、プチグレイン、ローズ、カロカロンデ
ベース ベチバー、インセンス、オポポナックス、パチョリ、シダー、ナツメグ、ムスク

オリエンタルウッディ。パウダリーでスパイシーな香りですが、重々しくなく、軽やか。

神秘的で心地よい靄に包まれたような気分になります。

エトロ、ヘリオトロープ(Etro, Heliotrope)

同じくエトロから温かみのあるオリエンタルな香りはヘリオトロープ。

ヘリオトロープもシャーヌール同様に両性具有の香りですが、大変に柔らかく、クリーミーでミルクっぽい。女性も、男性も、険が取れて丸くなりそう。

トップ アーモンド、オレンジブロッサム、プチグレイン、ベルガモット
ミドル ヘリオトロープ、アイリス、イランイラン、ジャスミン、ローズ
ベース バニラ、トンカビーン、トルーバルサム、ベルーバルサム、ムスク

アーモンドの入ったお菓子のような香り。

特に男性がつけたら、やさしくソフトな印象を与え、女性に安心感を与えるのではないでしょうか。年上の女性から「かわいい」と言われるかも。

 

まとめ

以上、性を問わず使える香りを紹介しました。日本人男性はフレグランスを使わない人が多いので、そんな人を念頭に起きながらオーソドックスな香りを選んでみました。

ペアでひとつ購入すれば、彼(彼女)が気に入らなくても彼女(彼)が使ってくれるかも!

 

本記事おすすめフレグランスのまとめ

なお、
「香りをまといたいけれど、すぐに飽きてしまう」
「ボトルを使い切らない」
「香水は、まず試してみないと……」
という方には、COLORIA 香りの定期便をお勧めいたします。

お好みのフレグランスを選んで少量だけ送ってもらうことができます。

公式サイトへ

カラリアセット
香りの定期便カラリアのサブスクをはじめてみた【香水レビュー番外編】香水のサブスク、カラリアの体験談。いろいろな香水を試したいならカラリア。品揃えが競合他社の追随を許しません。...

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。少しでも香り選びの参考になれば幸いです。